top of page

アナログ規制を見直そう



時代に合わなくなった規制が効率化を阻害


法令などで目視や対面、常駐による確認といった人の関与を義務づけているものや、書面提出、特定の場所での閲覧などが規定されているものを“アナログ規制”といいます。


規制ができた当時は意味のあったものでも、デジタル技術が進化した現在では、最新技術の活用を阻害したり、効率化の妨げになっている場合も…。


【アナログ規制の例】

 

国や県と市が連携して見直し


規制自体は今後も必要かもしれませんが、デジタル技術の活用を前提としたものに変えていくことで、「生産性の向上」「行政サービスの効率化」「人手不足の解消」あるいはデジタル技術に関する「新たな産業の創出」といった効果が期待されます。


アナログ規制の見直しについて、国や都道府県そして市町村が連携して取り組むことで、デジタル社会の実現を目指します。

閲覧数:131回

最新記事

すべて表示
bottom of page