​中津流DXについて

  1. 職員自らが「変革」する

  2. 利用者視点から使いやすい、わかりやすいサービスを考える

  3. まずやってみる、それから改良していく

  4. 慣習より効率を優先して、仕事のやり方を見直す

  5. 制度が障害なら制度自体を変える

  6. データを利活用して新しい価値を創造する

  7. 誰一人取り残さない

team-spirit-gb02e8ce4a_1920.jpg
 

特徴

現場が主役の段階的なデジタルトランスフォーメーション

584155_31b792df5b624e1ea80b95329a5eb00a_

成功体験

DXを推進する上で最も重要なポイントは原課の理解を得ることです

  • DXによる小さな新サービスをできるだけ早く開発し、市民に対して役に立つわかりやすいメリットを提供します

  • 市民から新サービスの支持を獲得することで、DXについて原課の理解を高めます

  • 小さな成功体験を積み上げていくことで原課の信頼を獲得し、さらに積極的な参加を促します

584155_bbadcb319916437abbe43f4ea3d39964_

ノーコードツール

原課の担当者が市民のニーズに主体的にタイムリーに取り組めます

  • コーディングをする必要が一切なく画面でパーツを選ぶだけで誰でも簡単にアプリケーションなどが開発できるツールを活用します

  • 市民のニーズにマッチしたサービスを原課の担当者がタイムリーに提供できます

  • ファイルやデータベース、APIなどから様々なデータを取得することができ、アプリ同士もAPIで連携できます

584155_18dae767202c4e2fa263d2da217efc23_

API駆動型DX

APIによって新しいデジタル技術を既存のシステムに接続します

  • APIとは、アプリケーション・ プログラミング・インタフェースのことで、あるシステムから別のシステムを呼び出して利用する手段のことです

  • API駆動型DXとは、APIを既存システムやデータ基盤の上に構築し、DXをAPIを中心に段階的に進めていく戦略です

  • 既存システムの整合性を維持しながら、新しいデジタル技術との接続を段階的に進めることができます

 

スケジュール

break-4206948_1920.jpg

2021年度
「突破」

成功事例を3つ作る

市民サービス向上
オンライン申請
チャットツール
RPA

peacock-3023523_1920.jpg

2022年度
「展開」

庁内に成功事例を拡げる

総務部、企画観光部、福祉部、生活保健部、商工農林水産部、建設部、上下水道部、消防本部、市民病院事務部、教育委員会、選挙管理委員会、農業委員会など

sunset-5065300_1920.jpg

2023年度
「飛躍」

市民参加型DXへ

オープン化を促進
コミュニケーションプラットフォーム
データプラットフォーム
APIプラットフォーム

 

推進チーム

中津市のDXを強力に推進するメンバー

森下 泰介

高畑 智秀

中尾 修大

柳瀬 亮太

篠田 康一

藤本 聖也

東 富彦