top of page
検索
  • 中津市 行政経営改革・デジタル推進課

生涯一度と毎年一度

更新日:1月3日

環境政策課 野畑



チャレンジした内容


犬をペットとして飼うためには、狂犬病予防法で様々な届け出が義務付けられています。

「新規登録」は飼い始めたときに一度、「予防接種」は毎年必要であり、年間ではかなりの申請件数になります。


これらの申請は、申請いただく情報が比較的単純なものでありオンライン化しやすいと感じたため、率先してサービス開発に取り組みました。


【作成したオンラインフォーム】

  • 犬の新規登録申請

  • 予防接種済票交付申請

  • 登録内容の変更届

  • 犬の死亡届

フォーム作成に際しては、一般の方とペットショップなど事業者とでは事務処理のフローが若干異なるため、それぞれ別のフォームを作成し運用することにしました。


また、「新規登録」や「予防接種済票交付」の手続きでは手数料が発生するのですが、狂犬病予防接種は毎年必要であり、手続きがオンライン化されても支払い手続きで来庁が必要だとサービスとしては不十分だと考え、決済まですべてオンライン上で完結する機能を盛り込みました。

決済機能を備えたオンラインフォームの運用は庁内初の事例となりました!


従来、市の窓口で手続きしていたことに比べ、申請者の利便性が格段に上がったことはもちろん、事務作業についても対応時間を3割以上削減できました。



チャレンジャーからの一言


いろいろな立場の方に意見を伺うなかで、申請者の利便性と職員の事務効率化とが必ずしも両立しないという事実に直面しました。そのため「申請者の利便性」を優先しつつ、どのようにバランスをとるかという点に苦労しました。


実際にフォームを利用したペットショップの従業員の方々からは「とても便利になった」と喜んでいただきました。また、複数の自治体から連絡があり、作成したフォームのテンプレートを提供することになりました。


今後もフォーム利用者の声を反映させながら、より便利になるようブラッシュアップしていきたいです。



閲覧数:178回

最新記事

すべて表示
bottom of page