top of page

介護認定のDX化 ~はじめの一歩~

山国支所 総務・住民課 村上





チャレンジした内容


介護認定の手続きは、申請から認定の通知まで原則30日以内に完了する必要があります。

そのため、申請から認定調査までの事務手続きを迅速に行うことがとても重要になります。


介護認定の申請については、国が提供する「ぴったりサービス」を利用してオンライン申請が可能ですが、マイナンバーカードの電子証明書を利用するため本人しか申請ができず、利用件数は少ないため、ほとんどの申請は紙で行われています。


【課題】

  • 「ぴったりサービス」によるオンライン申請は、本人申請ができるフォームのため、利用件数が少ない。

  • サービス利用場所と受付場所が異なる場合、必要書類が調査員に届くまでに時間を要する。


これらの課題を解決するため、申請項目や表示条件を自分自身で作成できる『LoGoフォーム』を使用して、申請しやすい申請フォームを作成することで、オンライン化を推進することができると思い、取り組みました。




 

チャレンジャーからの一言


申請フォームは、現在の申請書の様式(新規・転入・更新・区分変更)をもとに、分かりやすい表示を心掛けて作成しました。

介護認定の申請においては、本人自ら申請することもありますが、家族・事業者が代行して申請することも多いため、より多くの利用者がオンライン申し込みが出来るよう、利用促進を図っていきたいです。


事務レベルでは【申請⇒調査⇒審査⇒認定】が介護認定の大まかな流れですが、申請データを活用して一連の認定調査事務をどう簡略化していくのかが課題です。

本庁・支所共に【申請⇒調査】までは共通した業務でありますが、【審査⇒認定】は本庁が受け持っており、事務的な調整が必要ですし、関係各所からの意見をいただきながら、より良いものが構築出来ればと思います。




閲覧数:199回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page