• 中津市 行政経営改革・デジタル推進課

学校施設における被災状況の集約

更新日:5月16日

教育総務課 小倉



チャレンジした内容


地震、台風、豪雨、寒波等の災害が発生すると、即座に全体の被害状況を把握し、優先順位をつけて修繕等の対応を実施していく必要があるため、市内の全小中学校と幼稚園に被害状況を報告してもらっています。


【現状の課題】

  • 報告手段を指定していないため、その時点での回答状況を把握しにくい。

  • 報告を一覧にまとめ直す必要があり、負担となる。

  • 電話が集中したり、電話では詳細な位置や状況、緊急度がわからず、確認の手間がかかる。

今回、被災状況を報告するオンラインフォームを作成したことで、

  • 決められた質問に答えていくだけなので、報告作成の負担が軽減される。

  • スマートフォンで撮影した画像をそのまま添付することが可能。

  • マップ上で被災箇所にピンを立ててもらうため、場所の特定がしやすい。

といった効果が期待できます。



チャレンジャーからの一言


施設管理の担当としてこれまで学校側とやりとりしてきた中で、うまくいかなかった部分を少しでも解消できるよう、質問項目を工夫しました。

特に位置の特定については、写真やマップを活用することにより現地確認や聞き取りの手間が省け、効率的に回答を集めることができるようになったと思います。

災害報告に限らず、日常の施設の破損や不具合の報告、調査にも活用できるので、学校側の意見も聞きつつ、運用していきたいと思います。



閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示