• 中津市 行政経営改革・デジタル推進課

デジタルツールを日本語以外で利用する方法




ブラウザでデジタルツールを利用する


ブラウザの翻訳機能を使うことによって、カレンダー、マップ、スプレッドシートを日本語以外でも利用することができます。通常、カレンダーはGoogleカレンダー、マップはGoogleマップ、スプレッドシートはGoogleドライブで表示されますが、これらのデジタルツールをGoogle Chromeというブラウザ上に表示することで、ブラウザの翻訳機能を利用して希望する言語に自由に翻訳できるようになります。中津流DXのウェブサイトからそれぞれのデジタルツールを選んで利用すると、Chrome上に表示することができます。



ブラウザの設定で翻訳ツールを有効にする


ブラウザの翻訳機能を使うためには、ブラウザの設定で翻訳ツールを有効にする必要があります。例えば日常的に英語でウェブサイトを見ている人は、英語以外の言語でページが表示された際に翻訳ツールを表示させるよう設定します(ビデオでは「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」をONにするケース)。さらに特定の言語で表示された際に翻訳ツールを表示するように設定することもできます(ビデオでは日本語に対して「この言語のページで翻訳ツールを表示する」をONにするケース)。



翻訳ツールが表示されない場合


ブラウザの翻訳機能を有効にしていても、翻訳ツールが表示されない場合があります。その際は、パソコンではページ上で文字列などがない場所で右クリックをすると翻訳するためのメニュー(ビデオでは「Englishに翻訳」)を表示させることができます。スマホではメニューから翻訳ツールを利用できます。



パソコンで翻訳ツールを利用する


カレンダー、マップ、スプレッドシートで翻訳ツールを利用することができます。必ず中津流DXのウェブサイトからデジタルツールを利用してください。



スマホで翻訳ツールを利用する


カレンダー、スプレッドシートで翻訳ツールを利用することができます。必ず中津流DXのウェブサイトからデジタルツールを利用してください。マップは自動的にGoogleマップが起動され、Chromeで表示することができず、さらにGoogleマップのマイマップには翻訳機能がないため翻訳することができません。




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示